双極性障害についての理解を深めよう|原因と治療方法

レディー

治療方法の違いとは

ウーマン

双極性障害は、しっかりとした治療を受けることで、快方に向かう病気です。再発が多いので長期的に向き合うことが大切ですが、症状を緩和したり、大きく改善することも十分可能です。一般的はうつ病よりも双極性障害の方が治療は難しいとされていますが、さまざまな治療方法があるため、適切な治療を受けることが重要です。うつ病との大きな違いは、双極性障害では、躁とうつの波をコントロールしていくという治療が目的になっています。大きく分けると2種類の治療方法がメインとしてあるでしょう。まずは、薬物療法が一般的に有効な方法として挙げられます。気分安定薬が治療の根本として処方されることが多いようです。そして、症状に合わせて、抗精神病薬や、睡眠薬、抗うつ剤などを組み合わせて治療していきます。メインとなる気分安定薬は、躁とうつの波の差をなくすように、安定することを目的に使用します。再発を予防する意味でも効果があるといわれています。症状が悪化している場合は、抗精神病薬をさらに加えることで、気持ちを落ち着かせることができます。双極性障害は、再発することが多いので、治療は長期戦になることを覚悟しなくてはいけません。症状が緩和したからといっても、しばらくは薬を飲んだり、受診をする必要があるのです。さらに、薬物療法のほかには、精神療法も主流の治療方法としてあります。心理的な面から専門医と一緒に話し合って理解を深める方法があります。また同じ患者同士で行うグループ療法や、家族も交えた療法など、さまざまな種類があります。また、記録をつける療法も有効だと考えられています。双極性障害の治療には規則正しい生活リズムが求められます。乱れがちになる生活リズムを、記録につけて可視化することで、原因を探ったり、修正することが可能になるのです。グラフにすることで、躁とうつの波もわかりやすくなります。また、症状が変化していったきっかけもわかりやすくなります。睡眠時間や、気持ちの変化、食事などを行動の記録をつけることで、振り返ることが簡単になり、とても有益だといえます。ほかには、電気けいれん療法といった治療を選ぶ患者もいます。